光脱毛のメカニズムと特長とは

光脱毛は光脱毛またフラッシュ脱毛と呼ばれます。むだ毛にはメラニンと呼ばれる光をよく吸収する部分があり、このメラニンに光を集中させて照射すると、65°くらいから70°位まで熱が上昇します。この熱によってむだ毛の元になっている毛母細胞、毛乳頭などを焼き破壊するという方法が光脱毛です。

光脱毛の場合、1回の照射で完全に効果が出る人もいますが、通常複数回の脱毛処理が必要です。複数回光を当てていくことで毛母細胞が弱くなり最終的にきれいに毛が抜け落ちて収縮し処理終了となります。

光脱毛もレーザー脱毛も、毛周期に沿って成長期のむだ毛に施術を施す方法です。毛には毛周期があり、休止期、退行期、成長期を繰り返しています。このうち肌の表面に見える成長期の毛のメラニン色素を狙い照射するため、休止期、退行期で肌の表面に出てきていない毛については処理できないのです。

そのため毛周期を考慮しても複数回の施術が必要となります。光の場合はレーザーよりも施術回数が多くなりますが、肌への刺激が少なく、痛みもあまり感じない施術とされていますので、肌が弱い人や痛みに弱い人などは光脱毛を選択される方が多いようです。

また美容という面を見ても、アフターケア、施術前のケアなどが充実しているということでも、光脱毛を選択される方が多いようです。